2010年1月10日日曜日

無難にいったつもりが、やっぱりこうなる。

今日はSRのMTB朝走り。
100110_登り


靴も大丈夫でアクシデントなく、そこそこ走れたつもりが、

難しいポイントで、
ライン取りを見ながら前半は上手く行ったが、
V字溝の手前でビビって失速。そのままハマって前転。
ヘルメットから転がって
道を外れて谷へ、、バキバキと枝を折りながら落ちていく。
まあスピードも出てなく、1mくらいの高さから前転する程度なので、
すっかりコケることに抵抗が無くなってしまった。

これが”みんなで行けば怖くない”集団心理か?(1人じゃここまでやりません)

カラダ中が痛むのですが、筋肉痛なのか打身なのかわかりませんが、
その代償で服が泥だらけになって破れます。(帰って見たら血出てました。)
100110_破れる


ウインドブレークは裏地の内側に白くコーティングされてるのが分かりました。
古いのでコーティングが切れていて、最近は風で寒さを感じるわけだと感心。


まあ、帰って直しました。(直してもらいました)

100110_お直し


右の袖は、それっぽいオーナメントを他のジャージから外して、穴をふさいでもらった。
左のレーパンの膝は自分で適当に直したので、膝の部分が顔に見えます。
履いたら伸びて大丈夫でしょう。
まだまだコケそうなので、この冬はこれで乗りこえよ。(もう5年目だけど)

それにしてもMTBはおもしろいけど、走ったあとが大変ですね?

0 コメント:

コメントを投稿