2012年2月10日金曜日

関西シクロクロス 2011-12 桂川 オモシロかった


シクロクロス最終戦。
そういえばもう4回も出てしまいました。
毎回同じような顔ぶれで走っているのが、オモシロくある意味刺激です。
朝の試走ではステップは乗車で可能。さらにスピード上げて挑戦したら。着地後コントロールが効かずに2本目のステップ横の杭に激突して杭倒す! カラダも痛い! 
泥でコケルし最悪の試走。横を見るとシケイン乗車して越えてくる某監督も走ってました。
最後は調子にのりすぎてチェーンを落として試走終了、、、、

で走るレースは一番最後のCM2B 50人もいる。
C3スタート後、前に進んで待っている間に、チェーン落ちてますけど!と声かけられる。
ここで冷静さ失ってます、なかなかハマらない。
後方スタートですが、長いフラットな直線を、左側からどんどん抜いて行く。こんな予定ではなかったのですが、集団になるとついスキマ見えたら前に出てしまいます(シクロタイヤ32Cはコギが軽くて速い)。1コーナで20番手くらいですが、その後ずるずる後退。キャンバーのとこで32位。
渋滞している間にもどんどん抜かれる、
スキもあったものではない。






ようやくこの辺からがレース32位争いのデッドヒート。
まんまさんとこには今日は負けられへんでー 



キャンバーの奥で抜かれ、シケインで並びグランドの直線で抜き返してはの繰り返し。最後は負けたくない気持ちだけで逃げ切り、キャンバーを乗車で抜けた時点で相手はあきらめモード。最終ラップが一番速かった?

ゴール後握手までして健闘をたたえあったシーンが京都新聞の記者の方に撮影して頂き2/17夕刊に1面がシクロ特集のどっかに載るかもです。まあ32位なんですけど楽しみました。

もう来週はないのかと思うとほっとしますが、
濃いい冬。

また来年 あと30秒/LAPは速く走りたいと課題は明確。だけど何して頑張ろうか?