2013年4月7日日曜日

忘れかけている、シクロ桂川の件 2012

イロイロありましたが、パソコンが更新されたのでブログが3ヶ月ぶりに復活しました。
今年初なので、あけましておめでとうなのか、、いやもう新年度、、

で、完全に忘れそうな本題をメモに頼って更新です。

年末のケガも治ってシクロ復帰
堺はペースについて行けずに、ずるずると後退してやっとの39位。
ここで振り返ると12月から全然走れていませんので、基礎の部分から鍛えることに。
ただ毎日20km程乗るだけでも、、変わるのか?
で2週間後の桂川、

今回はしっかり試走してどれだけラインがとれるか、外れたときどうやって走るのかをしっかりと確認しておく。
(写真はつい泥の中でコケかけたこと)









レースは最後列に並んだが空いているから一列前からスタート。シクロのスタートはいつもゆっくり感じますが、途中で中切れしそうだったので前の集団の後ろに滑り込み、40km/hは出てる。ここでだいたい約半分の20何人か位。5連ステップ手前で横のMTBが単独転倒?巻き込まれずに助かった。


この辺で追いつかれるL2の女子2名が速い、、邪魔にならないようにラインを空けて走るが同んなじ位のペースで抜きつ抜かれつの争いになりながら、2周目で20位と呼ばれる。






まだまだ余裕があったのでキャンバーに入る手前で一気に3人抜くが、M2なのかC3か分かりません。淡々と安定したペースで走るとじわじわと前に追いついていく。
タイトコーナーや登りでの相手が集中力を欠いたミスを見逃さずに順位をあげる。クロンドではこの時に余裕をもてずに失敗したが、今回は前で人がコケようが、逃げ道を探す余裕があり、巻き込まれずに抜いていける!







最終周の4周目前の青と黄色のジャージまで20mあるが追いつけるか、諦めずに行けばチャンスはあるもの。奥のヘアピンコーナーで前が詰まって足を着いたスキに外からかわして後は必死に逃げる。階段もステップもミスすれば抜き返されるような小さな差、




最終コーナー立ち上がりに後ろからスプリントを仕掛けられる。
何とか反応してギリギリ拳一個分逃げ切ってゴール!で13位
(ゴールラインで”勝った!”って言ったもん勝ちのような僅差)
この順位でもゴール後コースサイドに倒れこんでしまう真剣さがオモシロい。

 トップからは2分遅れ(30秒/周の差)
これまでの4分遅れと違ってシッカリとレースが出来た。

毎日コツコツ乗って鍛えます。
おかげで4月になった今、良く走れてます、、
秋からのシーズンはがんばれそうな気がします。