2011年5月4日水曜日

振り返り 2011 第1回 晴れの国おかやま7時間エンデューロ

快適で走りやすかった イベントです。
参加人数が適正で、いろんなレベルの人はいますが、落車も見なかった。
ローテーションできる集団ができていて、下がったらここに入れと指示され、
みんなエンデューロレースというコトを理解して走ってますね!

(スズカエンデューロとかは人数多い上に、ただスズカを走ってみたい!という人もいて、
普段自転車乗ってない人も多そう? 無茶なイベントになっている気がします。)


4時間チームで表彰台独占する、
体育会系のおとなりさんEW
力の揃った3チームで集団を形成して展開。
その先頭集団にちょっとだけ入れて頂いて
遊んでもらいました。

集団先頭がペースアップするのに何か、
「せっかく来たんやから○△◇□、○■△、、」
何か聞き取れなく、覚えてないが、
多分ついて来いと言うことらしく!
「足止めるな!」とか、
何で前を走っているのに分かるやろう?

交代まで5周拉致されて、
しっかりええ練習させてもらいました。
その後も何度かありがとうございました、、







■今回のチーム課題

基本的にSRは草食系チーム、
気にするのは後ろだけ、

ただただ辛い、
ちぎり合いの逃げ切りの特性。
単独で走力があるから
ちょっとガマンして後ろには
付けない、、

ピットへ戻ってきても、待機していない!

ウチのチームも10位をこれで逃したかも、
いつ入ってくるか決めてないのが要因。
今回はピットレーンが空いていたから、
「次に入るから交代」と合図できたが、
上手くコミニュケーションがとれてないと、表情で判断。


しんどい顔して走る練習している、エニョッキを見ていたら、
ホントにしんどいのか分からず、まだ走るやろと思っていたら、
次の周はピットにいる?

最終走者の私はシューズさえ履いてなく、履き直しているうちにタイムロス。
こんな失態で逃した10位(25秒差)です、、スミマセン、、
走力以外にも改善するところでもっと上手く走れるはずです!


私は走るのは目一杯でして、2日後筋肉痛に襲われて、階段登るのに足が上がらん、、、
こんなこと久しくなかったほど、おもしろく踏めたから。

次は 夏のスズカロード、大台ヒルクライムも、、
秋のスズカエンデューロもリベンジしますか?

0 コメント:

コメントを投稿