2010年12月30日木曜日

これくらいが冬の普通なMTBライド?

とても寒い週末
MTBで五月山に登って、新ルート開拓に行ってみた。
地図には書いてあるけど、ゲートで閉鎖されている道を登って行く。
自転車と歩行者は扉があるので通れます。路面状況も良く実質的にクローズドコース。
平均勾配13%はキツく、インナーローでしか登れない、、、
1kmくらいなら、息は切れるが、寒くて汗はかかない程度ですが、
春になったらしっかりとロードで走れるようにしなくては。




そのあと箕面の滝方面に向かうと、
正面から1車線の道の真ん中をゆっくり走る、どんくさそうなクルマが来たので、
道路の端ですれ違おうと徐行してると、
クルマはまったく避けずにドアミラーで腕をぶつけられた。
こっちが止まったら、ぶつかったドアミラーたたまれてるのにそのまま行っちゃった?
ホンマにどんくさい運転手だった。
ケガするほどのスピードじゃないのでこっちはいいけど。
その運転手は無事に帰れるんやろうか?と心配になる。




天気がいいけどこの山を境に、写っていない北側は雪雲。
この展望の後は、無難なダブルトラックを少々。
その後、舗装路走って1.5トラック?は 階段が多くて押すところが多いのが不満ですが、
乗車出来る区間は快適。MTBで走っている人とすれ違うくらいですから、メジャーなコースかも




雪が舞っていて日陰は白くなってます。
帰り道はやっぱり寒かった。

今日は無事にコケずに帰ってきました。
これくらいが普通のMTBライド?

明日雪が降ってなかったらSR朝練に行きます。
雪が降ったらたどりつきませんので、、近場走ってます。


0 コメント:

コメントを投稿