2010年12月30日木曜日

正月休みの最後に新しいタイヤでMTB

いつもの森へ行くのですが、
今日はいただきもののタイヤ、KENDA BLUE GROOVE、舗装路でのこぎが軽い。
昔のオーバーフェンダーが付く前、RVという言葉が出る前の4WD車に細身のMTタイヤを履かせたような、軽快感があります。昔の4WDはこうでした、高速では手に汗を握って走るんですけど。

森に行くまでの4キロほど道のりで、風が冷たく寒いけど、
息を切らすくらいにダブルトラックの坂を登ると、ボトルの水が飲みたくなるくらいに、暖かさを感じる。

シングルトラックでは、新しいタイヤはしっかりと登ります。
重量が480gと軽いので、枝や岩で止まりかけても踏み出せる。
トラクションがしっかり掛かるので、以前は登れなかったとこが越えられます。



MTBは走るたびに、前は走れなかったところが走破出来るのでおもしろい。(はじめのうちだけかも)

春には激坂を登れるトルク型の脚になるでしょうか?

さんざん遊んだので明日から仕事いこ。


0 コメント:

コメントを投稿