2010年12月30日木曜日

快楽と苦行への入り口




久しぶりに参加する日曜日のロード朝練。さすがに12月の朝は寒い。
今日はいつもの峠を越えて2グループに分かれる。
和束~信楽線を登りで早速集団走行の練習。ここは1列でのローテーション。
途中からはクルマも少なくなるので2列でのローテーション。
初めは先頭交替が上手くいかない。先頭に出るのに頑張って加速してしまい、集団のスピードが落ち着かない。
先頭交替時は加速するのでなく、先頭に立ってスピードを維持するたに若干踏む程度で前へ出る。
下がる方が自然にスピードを下げてローテンションを回す事を意識する事。とアドバイスを受ける。
その後は慣れるに従い、とてもきれいにローテーションが回っていた。

この集団走行は心肺を楽な状態で高い巡航速度を維持できる点が魅力。
しかし。先頭から下がってローテーションに乗るときの加速で意外と足を使う。

帰路は足が売り切れで、少しの登りで集団から遅れまったくボロボロであった。

仲間と一体になっ速く長く走り続けられる楽しさとキツさ、ジツにおもしろい!
最後遅れてすみませんでした。



0 コメント:

コメントを投稿