2010年12月30日木曜日

いろいろ交換

昨日SRの前で いろいろと交換。
赤アンカーのクランクをカーボンコンパクトから105ノーマルに物々交換。(これでdoi君のクランクがカーボンになってしまった)
 ノーマルの39Tのインナーはいろいろな場面で使いやすい感じ。
 ついでにキシリウムエリートを履かせたらこんなに切れが良かったっけと思わせる走りに。

スーパーシックスにアンカーについていた手組ホイールを履かせると、踏み込んだ時の伸び感はそのままで、
 路面の凹凸をスムーズにこなして乗り心地がいい。これタイヤの差(プロレース2)?、
 それともやれたホイールか。(予想外にタイヤ込みのホイールの重量はキシリウムエリートと同じくらい)




 見栄えも意外にもマッチングがいい。キシリウムの派手なグラフィックがないリムは自然な感じでいい。
 最近のフレームはアクティヴ感のある2トーン塗装が多くて、ボリュームのある完組ホイールしか似合わない。(私見)
 個人的には自転車のフレームは1色が好き。古くなっても流行遅れに見えないし。
 20年前にパナソニックで作ったスカイブルーのクロモリロードも、今はいい感じに見えてたし。(会社の後輩にあげたけど)
 


 結局半日遊んで、乗り心地がいい、手組のホイールをグランフォンド用に欲しくなってしまった。
 エンデューロ用のエアロホイールも欲しいけど。何にでも使える定番のミドルグレードの完組ホイールは個性がない気がする。
 2セット持てるなら、それぞれの目的に特化したホイールがいいかも。やっぱりチューブラー?

余計な悩みを抱えてしまった。他の自転車には乗らない方が幸せです。

 


0 コメント:

コメントを投稿