2010年12月30日木曜日

吉野グランフォンド




早朝から約600人が吉野山に集合。厳しいが大人気大会の吉野グランフォンドです。(去年は申し込みが遅くて断られました)

スーパーロングの参加者が出発したあとに、ロングの1番グループで出発。吉野川を渡ったところで、スーパーロングに後尾に追いついて抜いていく。ロングのグループも登りに入った時点でペースが上がるが、すぐにペースが落ちて抜き返ししていく。先が長いんで「気負わずゆっくり行こう」と思いながらも。脚が合う集団を探しながらどんどん前へ。そしたら後ろから息を切らして坂道通勤隊という2人がファンライドの取材で走ってきた。「僕ら飯田から来たんですけど、ボンシャンスの選手ですか?」「違います!」という話から始まり各エイドでよく話をしました。名前の通り登りがキツクなるほど彼らは速かった!

途中マトリックスの列車に乗って2、3の集団をパス。このイベントでは誰もペースを上げないようですが。足の郷の入り口までは僕が列車を作ってうしろに20人ほど連れて走った。最後には「ナイス、引き!」とほめられる。
足の郷は暑さが加わってさすがにしんどく、キツかった。エイドで出たスペシャルな冷えたチョコがおいしかった。あと塩をなめて出発。ここの下りも厳しく、カラダが冷えるわ、リムは熱くなる。途中でリムを冷やすためにしばらく停止。その先で案の定バーストしている人がいる。道を知って入ればこそ、判断力の余裕がついてくる。

続いて暑い国道を走り五番関の登りをめざす。キツいのは前半2キロ、後半は得意な緩斜面なので踏んで行った。
残り2キロはスローパンクの人ともう少しですよと話をしながら登った。




12時に五番関のタイムチェックを通過。タイムアウトまでSL30分、L1時間30分の余裕があった。到着するなり「速いやん、ロングはまだ20名行ってない」と言われる。ここから下って洞川、天川で分岐点、ここからは一人旅、ある意味でここが一番辛く記憶もありません。何度か休憩を入れようとしたが、エイドまで頑張る事にしたが黒滝は遠かった。
エイドからは下り基調で、最後に吉野山を下って2時55分にゴール。

前に何人いるのか聞いたところ5人!意外に速く走ったものです。でも順位を競う大会でないので、180キロ走った人の方がエラいと思った。今回は出場クラスを間違えたようです。(申し込んだ時には、ここまで走れるようになるとは思ってなかったので)

最後までノントラブルで走ることができた事も嬉しい。僕らレベルの場合、安全に無理せず走り続けるのが、速く遠くまで走るコツです。
走った皆さん、大会を支えてくれた皆さんありがとうございました。
また来年はスーパーロングで走ります。(もっと長いのはその次に?)


0 コメント:

コメントを投稿