2010年12月30日木曜日

大晦日 生駒山ヒルクライム ステージ2、3


その後暗峠に奈良側から登りました。
激坂は勿論ですが、激風を言い訳に足を着いてしまいました。今年はヘタレでした。
ゆっくり登って峠に着いたら、先着の2人が石の陰で風をよけて凍えています。ゴメン遅れて!
ここでYabuさんは帰宅。お仕事頑張って下さい ”ゆく年来る年”みますので~!

その後少しパヴエを走行して激下りへ、道には白い結晶がところどころにある。凍結しているかと思ったが、凍結防止剤。
しかしこの凍結防止材を踏んでは結晶が砕けてスライドを誘発。
かなり危険を感じたので、歩いて降りたが、クリートもタイヤ以上に滑りどちらも危ない。
でもGiroさんは果敢に下って行きます。ここは瓢箪山に行く近道やねと言いながら、、、、、、
(とにかくあまりにも緊迫していたので写真どころではありません)

麓の東大阪に着いたら、暖かいこと、今までの寒さは何だったのか。
住宅街を迷いながら八尾に向って、最後のステージ3 十三峠へ
ここも風との闘い、Giroさんがタイムアタックする?と言いますが、どうぞ行って下さい!(足格?が違いますので)。
ゆっくり登ってしまい、またGiroさんを待たせて凍えさせてしまいました。すんません!
走行時間は2時間少しと意外と早かった。これで本当の走り納めです。お疲れさまでした。
夕方には洗車して1年の汚れを落とします。
大晦日は良く眠って良い年を迎えられそうだ。(年越しそばを食べるまでは、頑張って起きてます)
______________________________________________________
今日の思い + ヒルクライム専用ギヤでなくても登れた  (今回は36×23)
      - 追い込んでない 峠で息も足も余っていた。(だけど家への帰り道、生駒駅前で足が痙ったのでこのくらいが丁度かも)


0 コメント:

コメントを投稿