2010年12月30日木曜日

富士チャレンジ200 後編

なんだか肌寒いのでベストを着て走る事に、これが後に成功。
とても大人数でスタートに、やっぱりみんな速い。関西と違ってちゃんと速い人が前にいて、スムーズで走りやすい点は好感。集団も切れない!
一周目を通過して問題点が発覚。LAPタイムのボタンを押したら、距離がリセットされる?どこまで走れば200km??



4~5週走って登りのペースを落とす事にしたら、やたらと同じ人に抜かれる。でもよく見たら平坦と下りで何度も同じ人を抜かしているようだ。

そしたらコウジ選手に見つかってしまう。「一緒に走りましょう、後ろ着いて下さい」と言われてストレートを引いてもらう。まだ行けますか?と言われるうちに、毎周回ペースが上がって行きます。ストレートでも50キロいったらしんどいです。(お願い勘弁して状態に、、、)速い人引いて先に行って下さいと言って戦線離脱。

すっかりオーバーペースでLAPも計測するのを忘れ、、、目標を失う、、
そんなときはカラダ中から痛みも出てくる。カラダが冷える。登りでも心拍上がらない。といろんな状態が悪くなる。

マスダ選手に「コウジさんの頭どう思います?」と質問され、「メイタンカラーらしいです」としょうもない事を言いながら登る。
メイタンリキッド(プロトタイプ)をもらい、ストレートは毎週補給食を食べて走って復活!



その後、「僕今何キロ走っていると思いますか?」というとんでもない質問に正確に答えてくれた同じチームのMeadaさんには感謝します。この時点で推定120キロ(正解でした)。

そのうちに晋一さんがやってきてまた引いてもらうことに、今度はペース守ってくれます。緊張しながら走っていたら、タイヤはすってごめんなさい。3週ぐらいイロイロと世間話しながら走っていると、後ろに長蛇の列100人以上。抜いて行ってエエねんけどね。
まあさっきまでプロが本気で走る先頭集団のスピード見せられたらそうなるか。




そんなことしてるともう残り少しになってしまい、結局ノンストップ作戦で200キロめざします。喋りながら走っていると意外と早く時間が過ぎる。でも知らない人からは話しかけられないですね関東では。関西のレースでは誰か知らん人がやたら話しかけてくるのに。

終盤はボトルのドリンクが無くなり、エコランで完走モードに。
最後の相手は走ってもアツイエキップアサダ後援会会長。ずっとパンクのグチを語る、でも何でサーキットでパンクするのか?不幸なのかネタなのか?
周回数分からないので多めに走って無事終了!!
結局1日で230キロくらい走ってましたか。
お世話になったみなさんありがとうございました。


0 コメント:

コメントを投稿