2010年12月30日木曜日

大台ケ原をのぼる




先週末のこと、大台ケ原にのぼりました。「ヒルクライマーの集い」に参加です。
いきつけの自転車屋さんのショップイベントと思いきや、集まれば50~60人「みんな山好きですね」という私も今年3回目。
前日の夜10時半に宿舎の西原公民館へ到着。
なんだかすごい人数が集まって宴会中、途中からは入れない雰囲気で完全に遅刻でした。
当日は50~60人のヒルクライマーで道の駅の駐車場を占拠。通りがかり?のTobaさん(お揃いのボンシャンスジャージ)も無理矢理さそってスタート。
みんな揃いのTシャツで並んで走る姿は大迫力です。パレード区間の新伯母峯トンネルをすぎて本格的な登りに入り、本来の集いがスタート、結構先行して走ったが、どんどん速い人が抜いて行く。(ここからは速い人は知らない、後方集団のレポート)一緒にいたY先生にも置いて行かれる(年齢は2まわりほどは違うんやけど、今日は負け)。とりあえずHattri君に追いついてしばらく並走か引いてもらう(これはこの前のパンクアタックの借りですからね)。旧伯母峯トンネルをこえたあとのスカイラインの平坦部分まで引いてもらい楽勝の展開。しかしHattori君が調子こいてペースアップして自滅、ここから一人旅になりペースが落ちる。たいていの人は抜く時は勢いをつけて抜くのだがヒゲさんはいつの間にか追いついて、話をしながらじわじわと抜いて行く、いや自分が落ちているだけだ。(これは疲れている人のペースをほんの少しだけ速いペースで並走して引いて、気がつかないうちにつぶす作戦か?円熟のなせる技やなぁ。あとになって感心)。次にkataoka君を抜く、今日はまっすぐ走ってる。さらにy先生がストップしていたが、怪しげな微笑みで追掛けて来て結局また抜かれる。ヒゲさんといい人生のベテランの余裕は一体どこからくるんだ?Niさんに追いつかれ、その後しばらく引いてもらう。ここでペースを取り戻し下り坂へ。実はアウターは入らないのでインナーで130回転/分(くらいの気分)で足を回す。再び登りに戻ってここからが自分でも不思議なスピードで走れる、下りの勢いで足をまわして進む進む、ここで3人ほどを捉えてはスピード差で置き去りにして前へ。これは辻堂の分岐から補給で取ったPowerGelのおかげかも。さらにもう一人抜いたときに「ゴールまであと2、3キロですね」って。「そんなにあります?」と返したが、あと1キロのつもりで走っているので、ちょっとへこむ。ゴール手前の急勾配でさすがに足が止まるが、ダンシングで登り切り、あとは緩い下りで無事ゴール。

やっぱり登りは苦手しんどいです、ほとんど引いてもらったけど。


上北山村の皆さん、一緒に走ったみなさん、本当にありがとうございました。


↓走行ルートです
http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=57a8d2f5cccbc3a65a8f80ae93c7395c



0 コメント:

コメントを投稿