2010年12月30日木曜日

真夏の高野山 避暑ツーリング




 今日も朝からツーリング、高野山へ。実は高野山は初めて。
軽く70キロくらいと聞いていたが、実は100キロ超えとか、本気で一日かかる70キロなのか?変に期待してみる。
 紀ノ川沿いの公園は暑かったが、走り出したら、玉川峡の道は日陰でひんやりとしていて快適。
一度水辺で休憩して、ここから登りに8キロと聞いたが、8%くらいの登りが13キロ続く。
やっぱりやられた、、、、higeツアーのコースインフォメーション!

おかげでいい練習になりました。nishihataさんには離されるが、
頑張って追いかけてくる20代には、まだ負けられへん思いでなんとか逃げ切り!(多分自転車のアドバンテージ)
カラダも振れずに淡々とキツい坂を普通に登りますね!と言われる。
こういう走り方をしたかったので少し嬉しいが! 
最近やたらと若者のチェックがキビシイ気がする、、、まだ簡単に抜かれる訳には、、、

今日は今までの新しい自転車を楽しんで乗る走り方をやめ、従来通り回転型で走ってみた。
序盤にnishihataさんの後ろについて走ると、ほとんどがインナーを踏んでいる。
今まで抜かれることばっかりだったので、彼の走り方を良く見たことはなかったのだが、
抜く時も一定のペースで淡々と冷静に走っている記憶がある。
今日は、野迫川から富貴へ向かう軽い登り(下りって聞いたけど!)でしっかりと後ろに着かせてもらった(前引かなくてすみません)。
ギヤの構成がコンパクトで同じなので同じように変速して進む。
途中何度か離されそうになったが、何とか和菓子屋さんまで到着。(まだまだ力の差があって、前引けなくてすみません)
終わってみたら、体力の消耗が昨日よりも少なく感じたが、左脚の付け根の筋肉がかなり疲労して弱ってます。
高いケイデンスで使う筋肉はココなのか。来週の吉野GFの前にいい勉強をさせてもらいました。

下界はドライヤーの風を当てられるかのように暑かったけど。山の上は長袖がいるかなと思うほど涼しい。
コース選べば真夏でも結構走れます。

ツーリングは休憩の間にいろんな話をできるのが楽しく、その会話の中から学ぶことも多いです。
higeさん今回の企画どうもありがとうございました。秋になれば日本海グルメーツーリングやりましょう!


0 コメント:

コメントを投稿