2010年12月30日木曜日

今日の奈良ステージ 勝手に楽しみすぎ!

朝から布目ダムに車を置いて、奈良公園目指して自転車で下って行く。
意外と登り多いんですけど。
最後にkuwaさんに追いつかれる(なんぼ速く下ってくるの!)

奈良公園にたどり着く前に東紀寺の交差点で先導車が来た。
選手が通りすぎて、SRの店長が運転するオフィシャル車が最後尾を走るので追いかける。
登りがキツくなると、パレード走行もスピードが落ちて、レース関連車列の後ろを走れる。
でも一緒に走ってる人ら、楽々早そう。僕はこのスピードでいっぱいで。少し遅れてそのまま離れた。
もう一つ重いギヤが踏めない!体重をしぼるか、筋肉をつけるか?

一人旅になって、並走する車から「いいペースで走ってるね」とか、沿道の方から「頑張れー」と何度も声援を受ける。
これは相当はずかしいものだった! さらにシャトルバスからも! 

最近はレースコースの規制が厳しく、遠回りしてなんとかダムに到着。
ええ感じで往復50km走り、今日はここで終わりでもいい感じ。
まったくアホですが面白かった、来年は余裕もって7:30 布目ダム集合!
SR関係の皆さんも仕事休んで大集合、地元のレースだからしゃーないよね
____________________________________________________________________________

ところでレースは、16人の逃げが決まり最後まで逃げ切る。
山岳賞ポイントのアタックを決めて、山岳賞は新城幸也で決まり!




終盤は先行集団のふるい落しが始まる、登りきったところで渾身のアタック!
強い!!

最後はこの逃げに2人のせていたサウスオーストラリアがアタックして決まり。
ついて行ったのは井上カズオ
ゴール後、晋一さんが、あの集団に2人のせられなかったのが敗因と言っていた。
力のある大きな逃げ集団なら、有力チームはみなのせているから、吸収できないし、
判断が難しかったようだ。
しかし、これがロードレース、完璧でないと勝てない。





欲しいのはこれじゃなくて、緑のジャージ。
また明日、今日のタイム差は結構アドバンテージだ。


0 コメント:

コメントを投稿