2010年12月30日木曜日

2009 SR 淡路島ツーリング 

今日は淡路島ツーリング。淡路島はETC政策以後大人気のようで、無駄に一周しているクルマがおおいぞ。(我々も同じ)

今日は参加メンバーたくさん、



■その一言で計画が、、、
朝からゆっくり行くはずが、「前行くのちゃう?」のというヒゲさんの一言で第2グループの前を引く事に。



おとなしく行っていたはずが、ある登りでペース落とさなかったら、そのままアタックになってました。
こんなはずではなかったのですが、脚が回りまして、すみません。
7~8キロ単独の逃げば、山が速そうな?イメージ(ジャージ)のメンバーに捕まる。

追いつかれてからは再び集団走行。スピード下がればアタックかけてスピード上げてます。
何をしてたのか?すっかりここで脚はパンパンです。

洲本で後続を待って分岐。抜いてないはずのデュークとenoki君が到着?
バイバス通って遠回りしていたうちに抜いていた? 実は君らを追いかけとったんやけど。

■先頭グループで
時折40km/hを超える速度でのローテーションして巡航。


(前の方ではこんな事してます、知らない人のために公開)

登りでしっかり千切れて、登りではマイペースで心拍を下げて整えます。
今日は登りの方が楽な走り。ゆっくり走れば淡路島にしんどい坂はない!!


山が速そうな?イメージ(ジャージ)のメンバー。

■イノシシと遭遇
クルマにはねられたのか元気がないです。
イノシシの大きさについては、全長2mとかいろんな説が流れてますが、この大きさです。



■天国と地獄の海岸線
下ると先行組みが待ってくれて、ここは一見平和な海岸線ツーリングに。



この後向かい風に変わり、集団は1列棒状に変化。振り向くと一人二人と減ってます。



数回だけ前に出ましたが、、、集団内でもつらい状態、先頭はタフです。
付いていくだけできれいな海を見ている余裕は全くなし。

■みんなで登れば、
昼食後、山岳コースへ。去年は辛かったイメージがあったのですが、ゆっくり淡々とクリアー。



■72歳でもアタック
途中uedaさんと走ってましたが、後続待ちしている集団に合流して。アタックして前に出るuedaさん。
”38km/hじゃだめ、40km/hで走らないと若いモンに追いつかない”と言ってますが。
この後ほとんどの若い人を抜いていきます。若いモンじゃなくて速いモンには負けられんではないのでは?



■記憶が飛ぶ帰り道
とにかく速い帰り道、、少しの追い風らしいですが、そんな事はどうでもよくなるハイペースのAve38km/h。



ところどころでアタックがかかって、さらに辛くなる。付いていくだけで精一杯ですみません!
何度か離れるが、信号で合流してしまいます。


ようやく到着



橋が見えてから遠いと言われますが、最後まで見る余裕なしでようやく気がつく。

実走4時間57分で1周 去年より12分短縮。しんどいけど楽しい1日。

皆さんおつかれさまでした。
みんながこんなペースで無茶している訳ではなく、各人のレベルで楽しめたようですね(多分、、)。
事故もなく無事終了でよかったです。
ありがとうございました。また来年も走りましょう


0 コメント:

コメントを投稿