2010年12月30日木曜日

2年前の大台ケ原の反省




2年前の大台ケ原のヒルクライム前日の出来事。レンタカーのバンを借りて受付会場へ6人で向かった。いつも調子のいいヤツが運転して出発したが、いつものようにテキトウにおもしろがって運転するので少し心配だった。途中で運転代わろうかと言ったが”いいすよ”と言うのでそのままにしたが。吉野に入ってから少しオーバーペースで前の車を煽りながら走り。そしたら路面の悪い新伯母峰トンネルの直線でスピンして壁に激突!僕らの大台ケ原ヒルクライムはそこで終わり。(当時はたいしたケガがなくて良かったと思っていたが、だんだん腹立たしい思い出になってきた。)

まあ、そのうち3人は今年も登ります。後の2人は会社を移籍して頑張って自転車乗っている事でしょう(広島の同業社、もう一人はギリシャ空軍で兵役中?)

運転していた最後の1人と今年も大台ケ原の話をしたら、、堂々と”絶対そんなところにはもう行かない!”という。もともと自転車もちゃんと乗らんし、いろんな事から逃げて楽しい事だけしてるのとちゃうんか?と思うが。その本人はココロの病で不安定中。
(会社に来るだけで褒めてあげなきゃいけない状態で、何かキツく言ったら会社に来なくなるし、、、会社以外ではとても元気な、最近のはやりの症状。分かっているけど理解できない、、)。。

お前のせいでと言っても仕方ないが、だんだん思いが、、、
余計な事話して、余計なことを思い出してしまい。余計にテンション上がってきた。

今年こそ、絶対登るぞ大台ケ原!

大台ケ原ヒルクライムに参加する皆さんは事故などないように、お気をつけ下さい。家を出てから帰るまでがイベントです!


0 コメント:

コメントを投稿