2010年12月30日木曜日

おいしい豆腐をもとめて、グランフォンドコースを走る

昨日はおいしい豆腐を食べに吉野の洞川へ。
吉野出発で自転車で行くが、そのために峠が二つ。
足の郷と五番関、まるで大台ケ原ヒルクライムの辻堂×2の激坂である。
今日のルートは吉野グランフォンドのロングコース(一部ショートカットして130km)です
頑張ってしまうと足が売り切れて完走できなくなる難コース、LSDレベルででクレバーに走りきる計画。

それにしてもいい天気、夏ジャージで十分な気温だが、
念のためウィンドブレーカーとウオーマー類をフロントバックに入れて出発。
(荷物を背負っての身体への負担を嫌って、フロントバックを装着、意外と下りで前輪が落ち着いていい感じ)




最近は毎週100km超えの長距離ライドを実施していたので、足が軽く回る。
先頭を走ったので、ペースを振り回されることもなく(振り回してたらすみません)息も荒れず峠をに淡々と上りきれる。
毎週遊んだ成果が出てきた。

あと、ギヤ比も冬の間フロントは36、リヤのスプロケはずっと23Tでしばってきたが、今回は27Tを装着したので軽く回せる。
去年は大台ケ原では34×27Tでも踏み込まなければならなかったのに。脚力がついてきたようだ。
(次の自転車はコンパクトドライブを卒業したいので試行してました)




五番関を越えたら、洞川でやっこ定食食べて座敷で休憩。身体に優しそうな食事でした。これが本来の目的。
しかしここ涼しいので身体が冷える。



ここからは下って、少し上ってまた下る。
ここまでの上りに比べて、人間が堕落してしまいそうな、至福の下りが続く。
下りで足が休んだので、後半の緩い登りはハイペースで進む。
100km近く走ってまだ足が十分残っている。終盤の緩い登りは足が回って楽しい。




今日は日の入り前には帰れましたが。寄り道が多かったので少し規定時間超え。
ちゃんと走れば完走時間内には十分ゴールできそうだ。

このコース設定は、車が少なく景色がよく走っていて気持ちよい。
前半にキツイ登りで、中盤に足を休める下りと緩急あるワインディング、後半にひと頑張りの登りとドラマを作りそうな設定は見事です。
奈良の山を堪能しました。

それにしても思いつきに参加してくれた計6名の皆さんありがとうございました。
おつかれさまでした。

行き先を告げずに無理矢理つれてこれらた若者も約1名いましたが。何で練習してないのに走れるの?でも頑張ったなぁ!
終始、会社の上司を引き回したことは反省してます!(すみませんでした)
最近これくらい走らないと、満足感がありません、休みあけ社会復帰できるか心配です。

ことしは遅れないように早くエントリーして、本番楽しみましょう!
______________________________________________________________
で、また5月4日(日)SRで吉野どこへ行くのでしょうか? 今日行ったら聞いてみよ。
翌日5日から仕事なのでお手柔らかに。


0 コメント:

コメントを投稿