2010年12月30日木曜日

スズカエンデューロ4 出会った人たち




 チームエンデューロはチームで走るため、休んでいる時間が意外にあり、おかげで足も余っているのです。
そんな時間は、エントリーリストでだいたいあたりをつけて積極的に徘徊。ここでしか会えない仲間を捜すのが楽しみ。
そのために、どの季節も同じボンシャンスジャージを着用、これが人と人をつないでくれるみたいです。
 同じレベルの仲間は、いつもツーリングに行く池田のチームi、大台ケ原に登ったまんまさん、悔しさを味あわせてくれた、堺のティーエーズ(今年は20年来の友人の店長仕事忙しいため欠席で残念)等。
 プロ選手ではNIPPOメイタンの人たちはおもしろすぎる、浅田監督から今回の課題は、今回は布目ダム草刈りボランティアの募集依頼。福島晋一キャプテンとは来年オリンピックのお話で「まだまだ走りますよ」と言ってってました。アンさんも一緒。さらに何かとてもおもしろい福島両親、この親にしてこの兄弟ありである。宮澤選手とはコペンネタで盛り上がり。タイのお笑い芸人と紹介されたトミーは片言の日本語で会話。あと、先週朝から鍛えてもらったシマノの辻選手ともご挨拶。
 最後にコース上で飯島選手に追いついて、しばらく引っ張ってもらいました。何か背中にオーラがあり抜けません。しかし後ろから「先頭遅いぞ代われ!」と信大生から暴言が飛ぶ。「先頭は飯島さんや!」と返せば「すみません!」と謝りが聞こえて安定した集団で走れました。最後に飯島さんにお礼を言って自分のパートは終了。
やっぱりエンデューロは楽しい!



0 コメント:

コメントを投稿