2010年12月30日木曜日

アジア選手権 観戦



今日は会社を休んで奈良の布目ダムのロードレースアジア選手権を応援に行く。
駐車場の出入りはコース閉鎖のため9時まででクローズ。しかし今日は平日、渋滞にはまり遅れる。

手前から3キロ歩く事に。雨で濡れるので素足でサンダルで進む。
そのうちに女子ジュニアのレースがスタートして、
コース内には進入禁止だといわれる。何人の警備員と交渉しながらも(もめながら)スタート地点に10時半到着。
約束していないのにいつもの顔ぶれ揃ってますね。(みんな仕事大丈夫か?、雨で学校休んでいいのか?)
でも、ジャージ姿でいないと分からない人もいます。本名言われてもヨケイわからん、まんまさんごめんね!
自転車界の有名人も集結、以前に見かけたり、少しお話しした方に会釈されます?
私はただの地味なホビーサイクリストたまにイベント裏方ですが、何でそんなに、、、、、


レースは中盤からは日本勢優位、どんな展開でも対応できる、メンバー全員がのっている。
タカシの逃げで急展開、レースがおもしろくなる。(写真はユキヤ)順位はどうなっているのか、レースディレクターカーが毎周回緊張を目の前に運んでくる。


最後はフミのアタックとスプリントで決まり。
ゴール後、フミが泣きながらチーム全員で抱き合っているのが印象的だった、少しクールなイメージだと思っていたから。
男が泣くにはそれなりの理由があるはずだ、これはカッコよかったぞ。
日本チームとしては完璧なレース、展開次第でだれが行っても勝てるメンバーだったと思う。
ここまでやればキングの目にも涙だったと聞いた。

見に行ったかいがある、いいレースだった。

でも、今後日本で国際レースを開催するのにこの体制でいいのかと思わせる。選手とチームは欧州で頑張っているのに、運営側も国際化と世代交代をすべきだとチームマネージャーミーティングを横で見て思った。この格式の大会で日本語でミーティングじゃだめだ、内容も含めてレースの事を知っているのか?と思う対応だった。
魅せるレースが行なわれているのに、その割には観客を近づけない観にくいレース環境。
責任のある立場の人の意識が変わらなければ、アジアからも置いていかれる! 

選手があれだけ頑張っているのだから、まわりも頑張ろうぜ! おじさんたちホントに。


0 コメント:

コメントを投稿