2010年12月30日木曜日

久しぶりに歯医者へ行ってみた

何年ぶりかに歯医者に行ってみた。

小学生の時に行っていた歯医者さんは停電で今日は終わりと途中で帰った事がある。
高校生の時に行っていた歯医者さんは脱税で捕まり。

生駒で行っていた歯医者さんは、初めて行ったのに久しぶりですねという。
お前誰やと言いたいのですが、誰だか分からないままに口を開けている無防備さ、、
治療が終わってマスクを取ると小学校の同級生だったり。
(小学生の時は坊主頭やったのに、髪の毛伸びたから分からへらん? 歯医者さんは髪型を変えないで下さい)
記憶に残る事が多いのですが、今日は多分普通の歯医者さん。 
_______________________________________________
病院とは昔は縁遠かったのですが、最近はよく行ってます。
生駒の同級生の歯医者さんに行ってからは治療技術の進化と、新しい医療機材のデザインが楽しみ!
医療機器は人にやさしく、間違いの起こらないユニバーサルデザインの典型なのですが、
実はGOOD_DESIGNの年鑑でしか見る機会がないんです。

昔は人より大きな機材の横に椅子があり、無機質で恐怖感があったのですが、
最近は小さくて機械部分がない!うがいの水のところもガラスで出来ていておしゃれな感じ。

レントゲンは頭の回りにCTスキャンのように回転して、治療台の横のパソコンのモニターに結果が写る!
検診でC!、C2、CRとか言われて何だか分からなく不安ですが。
こことここが虫歯です。すぐに治りますよと画面を見ながら説明を受けると納得。

今日は前歯の虫歯一カ所を削るが、全く痛みはありません。終わって詰め物に、
これは、試作モデルのラピッドプロトで使う光硬化樹脂と思いながら感心。昔とは全く違うのねぇ。
全然違和感なく完成。さっきまで虫歯で穴開いて前歯がきれいになりました。

請求額は2600円 いくら保険使っても安すぎません?
領収書を見ると治療代より画像診断代の方が高い。
医療技術の進化を提供するためには設備投資と回収が大変そう。
でもあれだけ分かりやすく説明されたら納得、
もうちょっと払ってもいいけどと思えるくらい。

お土産に歯ブラシもらいました。



来週は、飛び出して噛み合わせが悪い、虫歯の親知らず抜くことに、、
いたいんかなぁ 初抜歯!


0 コメント:

コメントを投稿