2010年12月30日木曜日

吉野GF 2009 中盤の続き

五番関の関門を越えたら、軽い登りでシルベストの山崎店長と一緒に走らせてもらう。
登りはゆっくり走られるようで少し先行。下りはグレーチングが試走のトラウマから苦手。
必ず直角にアプローチして止まりそうなくらい、ゆっくり走っていると。
後ろから山崎店長が「このコースのグレーチングは昨日走って穴はないので問題ないよ!」と言って行かれます。
その走りを後ろで見ていると、グレーチングではしっかりと前輪を抜重させて走っている!
早速テクニックを盗みながら追いかける。
これなら不安感を払拭してペースアップ。安全に走る方法を学ばせて頂きました。
その後、黒滝への荒れた下りもスクールで進むが、、、、
大きな水たまりの後の橋で先生も大きな音を立ててパンク!やっぱりこの道難しいようです。

黒滝エイドに到着。柿の葉すしとジャムパンを補給。
シルクロードメンバーでは店長が少し先行していると情報があり。
緩い下りでペースを上げたいが、いい列車はなさそうで国道を単独走を続けていた。
単独走はいろんなことを考える時間、腰が痛いとかお尻が痛い、膝も調子悪かった? 
200キロのスーパーロングでは普段の練習では感じないことが身体に起こり、余計な不安が頭をよぎる。

林道に入ると三船さんともう一人(カゴシマさんとこの若い方)が追い抜いて行くので、
ちゃっかり乗っかりペースアップ。(こういう判断力と加速は得意)
コーナーの出口ではダンシングしてどんどん加速して、40km/hキープしたペースで進む。
途中で集団を3つ抜いて行くのに、意外に誰も乗っかって着いてこれないスピード。
これでかなりジャンプアップ成功。

しかし、着き位置でもかなり足を使ってしまい、ハムストが軽くツっているので。
登りからはペースを落として最後の関門に到着。
少し足を休めてから、最後の難関の天辻峠に向かう。
気がつけば、強い日差しの天気なっている、どうしてこんなに暑いんだ!


0 コメント:

コメントを投稿